CCWO Embedded Space

CCWOの日々の開発を発信するブログ

ラッチアップ

ラッチアップとは、CMOS系のIC内部に発生してしまうダイオードやトランジスタによって引き起こされる現象です。一度ラッチアップが発生してしまうと、電源を切るまでVDD端子からVSS端子に電流が流れ続け熱暴走が発生し、最悪の場合にはICを永久的に破壊して…

RS Component Search

PCB

最近、回路図を制作する際にこちらのサイトがとてもとてもとても役に立っております。 もうこれなしでは回路図を作れない身体になりそうです笑RS Component Search どんなサイトかというと、回路図に組み込みたいパーツを検索して、そのCADデータを提供して…

Fusion PCB 発注 基板到着編

PCB

Fusion PCBから基板が届きました。 注文1(8/7) embedded-blog.ccwo.net 注文2(8/14) embedded-blog.ccwo.net 2つ注文しました。バラバラに頼んだのですが両方同時に来ました。あと、困ったのがずっと注文のステータスがProcessingだったのですが、突然来…

Fusion PCB 発注 注文編2

PCB

ちょっと前から使っているマイコンがあって、ようやっとプログラムとかが整理できたので使いたい機能をあらかた引き出して基板にしました。 これもAD変換の関連なのですが、電源とグランドに少し気を配ってみましたとさ。 今回は青色で頼んでみました。 来る…

Fusion PCB 発注 注文編 1

PCB

Fusion PCBがセールをしてるとのことなので発注してみました。 ただし、10枚$4.9に送料がDHL(4~5営業日)で$18かかるので、ある程度まとめて注文するほうがいいのかな? 今回は簡単なAD変換のモニター基板を注文しました。 Fusion PCBで注文するのは初めてだ…

MDK-ARMとHAL Driver メモ書き

STM32CubeMXのメモ書き STM32CubeMXがMDK-ARM V5に生成するものの main.c 内蔵モジュールの初期化するコードが含まれるので基本的にユーザはmain.cのみを修正する。 Clock,GPIOもここに生成される。 stm32f4xx_hal_it.c 割り込み関連の設定が生成される。割…

STM32 開発環境の構築<3>

またまた、STMを使ってみようかなと思いまして開発環境を構築しました。 なんと・・・ embedded-blog.ccwo.net embedded-blog.ccwo.net 前回STMの開発環境を調べていたのがちょうど1年ほど前で、時の流れは残酷です。 今回はSTM32F303K8を使って、ペリフェラ…

STM32 開発環境の構築<2>

ここまでいろいろと開発環境見てきましたが、とりあえず使っていくもの決めました。 IDE STM32CubeMX(ハードウェアのGUI IDEということで) System Workbench for STM32 MDK-ARM で行こうと思います。プロジェクは適宜いろいろと使っていきたいです。 mbedか…

STM32 開発環境の構築<1>

STM32の評価ボードNucleoシリーズを何個か買って放置してたので、開発環境を構築したい(願望 もっているNucleoシリーズは F401RE STM32 Nucleo Board STM32F411RE: マイコン関連 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 F401で開発…

Renesas RX Flash Programmer 追記

RX631開発でRenesas Flash Programmerでの書き込み方法を書いたのですが・・・(両方ともほぼおなじ内容、USB directかCOMでの書き込みかの違いくらい) RX631→ embedded-blog.ccwo.net なんと今は!v2.05.03ではなくてv3.01.00が出ていると今日教えてもらい…

Renesas RX621 余談<1>

これでRX621の通信以外の主だった機能の初期化を完了できたと思います。 ここまででhardware_setup.c内のHardwareSetup関数は void HardwareSetup(void) { Clock_initialize(); Pin_initialize(); SCI1_initialize(); CMT0_initialize(); CMT1_initialize();…

Renesas RX621 RTC

RTCの設定をしたいと思います。 RTC=リアルタイム・クロックとは、正確に1sなどを計測したり、カレンダー機能を使用するために用いられます。 今回は正確に1sを計測し、1s毎に割り込みを呼びたいと思います。 hardware_setup.cにて以下のRTC_initialize関数…

Renesas RX621 12bitADC

12bitADCの設定をしていきたと思います。 12bitADCとは12bit Analog Digital Converterの略で、マイコンのAVDDとAVSS間に印加された電圧を基準に、ピンに印加された電圧を12bitのディジタル値に変換することができます。 これにより、アナログ電圧を出力する…

Renesas RX621 エンコーダ

RX621では最大4つエンコーダを計測することができるので、MTU1,2,7,8を位相係数モード1に設定していきます。 hardware_setup.cにて以下のMTU2_initialize関数にMTU9(PWM)の設定に続けて設定していきます。MTU2_initialzie関数 void MTU2_initialize(void) { …

Renesas RX621 PWM

PB0をMTIOC9Aに設定し、PWMモード1を用いてPWMを出力していきます。 hardware_setup.cにて以下のMTU2_initialize関数を作成し、HardwareSetup関数で呼びましょう。MTU2_initialize void MTU2_initialize(void) { // MTU9 = PWM Mode 1 MSTP(MTU9) = 0; // Wa…