CCWO Embedded Space

CCWOの日々の開発を発信するブログ

ADALM2000 徹底解説

ADALM2000徹底解説

ADALM2000について(秋月からの引用)

ADALM2000アクティブ・ラーニング・モジュール(M2K)は、USB給電の計測ツールです。100MSPSで動作する12ビットA/Dコンバータ(ADC)とD/Aコンバータ(DAC)を内蔵し手のひらサイズに小型化しました。従来のラボ機器に必要な費用や規模を気にせず、数十MHzで信号やシステムを試すことができます。同社ソフトウエア、Scopyで様々な高性能計測器のオプションを利用できます。M2Kは、電子工学を学ぶ学生や独学で学びたい人向けに最適なツールです。

卓上高機能オシロスコープです

家でのプロトタイプ開発や解析に使う分には十分な性能を持ち合わせていると思います

この記事では使い方を中心に情報をまとめていきたいと思います

購入はこちらから

akizukidenshi.com

目次


機能一覧

秋月のHPから抜粋

  • 2chUSBデジタル・オシロスコープ
  • 2ch任意ファンクション・ジェネレータ(AWG)
  • 16chロジック・アナライザ(100MSPS)
  • 16chパターン・ジェネレータ(3.3VCMOS、100MSPS)
  • 16ch仮想デジタルI/O
  • 複数の計測器をリンクできる2つの入出力デジタル・トリガ信号(3.3VCMOS)
  • 電圧計(AC、DC、±20V)
  • ネットワーク・アナライザ:回路のボーデ(ボード線図)、ナイキスト、ニコルス伝達線図。範囲:1Hz~10MHz
  • スペクトル・アナライザ:電力スペクトルおよびスペクトル測定(ノイズ・フロア、SFDR、SNR、THDなど)デジタル・バス・アナライザ(SPI、I2C、UART、パラレル)
  • 2つのプログラマブル電源(0~+5V、0~-5V)

前準備

ソフトウェア Scopyの入手

下記リンクからScopyをまず入手します

wiki.analog.com

お使い方の環境にあったインストーラーをダウンロードしてインストールしてください

Macの場合はサードパーティソフトウェアの使用を許可する必要があるので注意してください

手順としては

  1. identified developersアプリの有効化

    f:id:CCWO:20191014120346p:plain

  2. アプリの使用許可

    f:id:CCWO:20191014120247p:plain

    Settings->Secury & Privacy->Privacy

    にScopyを登録することで許可が出ます

ファームウェアアップデート

購入時点でのファームウェアによりますが、ファームウェアのアップデートを推奨します

wiki.analog.com

上記リンクの手順に従ってファームウェアのアップデートを行います

Scopyの起動

Macの場合はこのアイコンから起動

f:id:CCWO:20191014120122p:plain

ADALM2000の認識

f:id:CCWO:20191014120546p:plain

ADALM2000が認識されていればHome画面に表示が出ます

ADALM2000への接続

f:id:CCWO:20191014120711p:plain

Home画面でADALM2000を選択すると上の画面に遷移します

この状態でConnectを選択し、ADALM2000に接続します

するとCariblatingが走り、

f:id:CCWO:20191014120818p:plain

この状態になれば接続成功です

使い方と機能解説

Scopyには以下の機能があります

  • Oscilloscope
  • Spectrum Analyzer
  • Network Analyzer
  • Signal Generator
  • Logic Analyzer
  • Pattern Generator
  • Digital IO
  • Voltmeter
  • Power Supply

順に解説をしていきます

ピンについて

f:id:CCWO:20191014121112p:plain

ADALM2000のピンは上記のような配置になっています

以降はこの図の記号を使いながら解説していきます

Oscilloscope

まずADLAM2000との接続について

  • 1+:ch1プローブ
  • 2+:ch2プローブ

f:id:CCWO:20191014121319p:plain

一般的なオシロスコープの機能を抜き出したものと考えていいでしょう

設定としてややこしいのは、Triggerの設定は各chに入ってから設定するくらいでしょか

Digilent Analog DiscoveryとDigital Discoveryと比較

https://media.digikey.com/pdf/Data%20Sheets/Digilent%20PDFs/InstrumentationFamily_InfoSheet_Feb2017.pdf

まず上記リンクに機能の解説があります

f:id:CCWO:20191014115522p:plain

ここについては簡単に後ほど

リンク集